クレジットカードのキャッシング枠のメリット・デメリット

クレジットカードは作るだけでポイントがもらえることがあるので、複数枚のクレジットカードを持っている人もたくさん見かけます。クレジットカードにはキャッシング枠がついていますが、これにはメリットとデメリットがありますのでよく理解しておく必要があります。まず、メリットですが、カードローンを新しく契約しなくても手軽にキャッシングが利用できることです。普段ローンを組むことはないが、ちょっとお金が必要になったときなどに便利な機能です。消費者金融でお金を借りることに比べると抵抗は少ないでしょう。次にデメリットですが、なんといっても金利が高いということです。銀行カードローンなどでは金利が3%〜14%などとなっていますが、クレジットカードのキャッシングは15%〜18%と銀行カードローンよりも高く設定されていることがほとんどです。また、銀行カードローンでは信用が上がるほど限度額が上がって金利が下がっていくので、1枚のカードに絞って利用することでよりお得に利用できるようになります。この理由で2枚も3枚もカードを併用することはお勧めできません。まとめると、本格的にお金を借りたいなら金利の低い銀行カードローンがお勧めですが、普段お金を借りることはほとんどないが、ちょっと緊急でお金が必要になったときなどに小額の借り入れをするには便利ということです。

クレジットカードのキャッシング機能の金利について

クレジットカードといえば物を買う際に使うものと考える方も多いですが、現在ではキャッシング(お金借りる)機能がついたクレジットカードがとても増えています。キャッシング機能は物を購入する場合と同じように一括払いや分割、リボルビング払いが選択できます。クレジットカードによってはキャッシング枠を設けていることも多いですが、クレジットカードの枠としてまとめて管理していることも多いようです。これらのサービスでは金利をよく見ておくことが大事です。通常、現金を借りる方が高いのですが、リボルビング払いを選択した場合には物を購入する方が高い金利となることも多々あります。これはリボルビング払いでは金利計算が残債に対して行われるからです。分割払いではその都度借りる額面に対して設定されるのですがリボルビング払いでは残債にかかるので一般的に高くなります。ただし、リボルビング払いは一部繰上げ返済ができますので大きな買い物をしても返済をどんどん行っていけば分割よりも低く総支払額を抑えることも可能です

海外で使えるキャッシング付きクレジットカード

クレジットカードはたくさんの会社から発行されていますが、海外で使えるしかも、キャッシング機能付きのクレジットカードは意外と少ないようです。海外で使えるクレジットカードにはいくつか種類があります。ひとつはVISAやMASTERなどの提携カードとして使えるタイプ、このタイプが最も多く利用限度内で自由に使えます。ただし、クレジットカードによっては海外でのキャッシングに制限を設けている場合もありますので事前に確かめておくと良いです。また、独自に利用できる国と店舗を制限したカードもありますが、これは少数派です。国外でのキャッシングで注意したいのが為替と利用手数料です。国内であれば利用手数料はATM利用手数料ですが、国外ではATMの利用手数料の他に手数料がかかることが多いので確認が必要です。また、利用できる金額が国内とは別に設定されているクレジットカードが多く、自分で個別に設定しないと初期では1万円しか使えないということもあるので注意が必要です

クレジットカードを使ってキャッシングを行う方法とは?

毎日の生活では急にまとまったお金が必要になることもあるはずです。もしもお金が不足するようであればキャッシングサービスを活用するとよいでしょう。キャッシングとは希望した金額を借り受けることを言いますが、その方法も簡単で、なおかつスピーディーに手続きできるというメリットがあります。また、同様の借り入れ方法として消費者金融の振り込みローンやカードローンをイメージする人も多いことでしょうが、その一方でクレジットカードを使って借り入れる方法もあるのです。クレジットカードは主にショッピングの際に信販会社などにお金を立て替えてもらうことで月末の一括払いや毎月の分割にしたりできる金融サービスですが、契約時にはこのクレジットカードにキャッシング機能を付加するかどうかのチェック欄があり、これにチェックすればお金の必要な時に専用ATMなどから手軽に融資金を引き出すことが可能となるのです。クレジットカードの分割払いとこれらの借り入れではその利息の部分で違いがある場合がありますので、どちらがお得かを確かめてから利用することが望ましいでしょう。個人的にオススメなのがかなり早く契約できるモビット!


このページの先頭へ戻る